とうとう1週間前。綺麗なネイルをしてもらおう!最終チェックも忘れずに!

挙式前のネイル、いつがおすすめ?

挙式前のブライダルエステの一環で行われるネイルですが、挙式の一週間前から前日までの間に行うというのが一般的と言われています。これには理由がいくつかあって、あまり早くネイルをしすぎると日常生活でいためてしまったり、爪が伸びてしまったりして、挙式当日に残念な状態になってしまう恐れがあるからです。また、仕事のルールなどによって華美なネイルや、ネイルそのものが禁止されていることもあるでしょう。このため、できる限り挙式直前にネイルをする方が良いのです。

もしも仕事との折り合いがつかないといった理由で、その期間中にネイルができないような場合は、ジェルネイルなど崩れにくい方法があるため、ブライダルエステのお店に直接連絡をして相談してみると良いでしょう。

傷はついてない?最終チェックで安心!

真剣にネイルデザインを選び、挙式直前にネイルをしてもらった場合でも、式当日の準備時間にネイルの状態をチェックしておきましょう。特にデコレーションを行う場合は、どれだけ注意を払っていてもひっかけて外れてしまう恐れがあります。もしもそのような、一部でも欠けたら目立ってしまうデザインのこだわりのネイルで式をあげたいというのであれば、できれば当日の担当スタイリストの中にネイル対応が可能な人がいるか、確認しておくと良いでしょう。

反対に、ネイルデザインは質素にしたいなというタイプの方などは、崩れづらいジェル等を用いたグラデーションや、小さなストーンやラメをアクセントにしたものから選択すると安心です。本番直前になって崩れていたことに気づいた!といったトラブルを防ぎやすくなります。